お盆休みに海水浴がダメな理由とは?霊が足を引っ張るといわれている?

お盆休みに海水浴がダメな理由とは?霊が足を引っ張るといわれている?

お盆休み 海水浴 ダメな理由

お盆休みに海水浴に行くと「霊が体をつかんで引きずり込み帰ってこれなくなる」という話を子供の頃何度か聞かされた方は多いのではないでしょうか。

海と言うのは子供にとって楽しい遊び場であると同時に、果てしなく広い未知の世界。この話を聞いた時にはあまりの恐ろしさに、海に行くのをためらうようにまでなりました。この言い伝えの詳細はこうです。

お盆には黄泉の国から多くの霊が里帰りしてきていると昔から考えられていました。海など水場を経由して帰ってくるものだと言われており、特にお盆の海はこの世とあの世をつなぐ路だと言われています。

霊の中でも誰も供養してくれない霊は、寂しさのあまり誰かを海の中に引きずり込み、一緒に連れて帰ろうとするというのが一般的に言われている昔ながらの言い伝えです。またお盆の時期には「地獄の釜が開く(あく)」という言い伝えがあります。

地獄の釜が開いているならその中へ落とされるのではというのも、お盆休みに海水浴に行くとダメだという理由の解釈の一つです。しかし実は、釡が開く日にちには、7月15日の盂蘭盆や8月1日、あるいは16日と諸説あり、必ずしも8月のお盆に開いているとは限らないとのこと。

この言葉自体には「お盆の時期は地獄も休みなんだから人間も休みましょう」という意味合いもあるようで、年月を経て子供たちへ伝えていく際に、意味や解釈が歪んだ、あるいは増えていったというのが実情のようです。

このように一見迷信だととらえられがちですが、実はお盆の時期には海にいかないほうがよい理由がいくつかあります。
スポンサードリンク

お盆の時期には海にいかないほうがよい理由

お盆休み 海水浴 ダメな理由

一つ目は潮の流れが変わり「土用波」という普段とは異なる性質の波が発生したり、離岸流が起こりやすくなり、水難事故になることが多いということ。

「土用波」とは夏の土用の頃、海岸に打ち寄せる大波で、はるか沖合にある台風の影響によるうねりがやってくるものです。1000回に1回くらいの割合で、通常の2倍近い大波が押し寄せる場合があり、これによる水難事故が発生しやすいとされています。

一方、「離岸流」とは海岸に打ち寄せた海水が沖へ戻る通路となる強い潮の流れで幅は10~30メートル、速さは時に秒速2メートルにもなるものを言います。

本能的には岸にむかいたくなりますが、焦ってむかって泳いでも力尽きてしまい溺れてしまう事があるため、流れに逆らい岸に向かってはいけないとされています。岸と並行に泳いで流れの外に出るのを待つか、そのまま流されて沖で救助を待つのがベストだということです。

また他の環境要因として、お盆を境に海水温が下がるため、足がつったり、心臓まひになったりすることが増えてくるということもあげられます。

二つ目クラゲが大量発生する時期であるということ。毒に関しても注意が必要ですが、刺されたショックや痛みでパニックになり溺れたり、驚いて心臓まひを起こすなどの事故も報告されています。

お盆休み 海水浴 ダメな理由

ここでクラゲと言われているものは、厳密には「アンドンクラゲ」という種類のクラゲ。「西日本の電気クラゲ」と言われるほど毒が強く、刺されると激痛が走り、ミミズ腫れのような状態になってしまいます。6月下旬ごろから発生しているのですが、8月から9月には特に大量発生するとのこと。

このことから「お盆の行灯」をとって「アンドンクラゲ」と名付けられたという説もあるくらいです。ただ、最近では、温暖化による水温の上昇やコンクリートによる整備での環境の変化により、発生時期が少し早まっている様子。

でも、海開き中はネットでガードするなどの対処を取ってくれていますので、やはり気を付けるのは「お盆」ということになります。

三つ目は、きちんとご先祖様をお迎えするために海に行って遊んだりしないよう戒めるという意味あいです。ご先祖様をお迎えするのは大切な行事、でも最近、核家族化や近代化が進んで忘れられがちな傾向にありますよね。

「どうして海に行ってはいけないの」と子供に聞かれたら、このことを話して、一緒にご先祖様をお迎えする支度をしてみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク


下にスクロールすると他の関連記事もご覧になれます⇩⇩⇩

ここまで読んで頂きありがとうございました!
最後にTwitterなどでシェアしただけると嬉しいです!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. イチゴ狩り 関西
  2. お盆休み 花火
  3. 花火大会 打ち上げ数ランキング
  4. 花火 やっていい場所
  5. 初詣
  6. 花火 やっていい場所
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。