お盆休み【2016】に絶対行きたいおススメの花火大会3選!見なきゃ損

お盆休み【2016】に行きたいおススメの花火大会がココ!

お盆休み 花火

日本の夏の風物詩といえばやっぱり花火大会でしょう。ご先祖様を迎え、日々守っていただいていることに感謝をしつつ、家族みんなで笑顔で送り出す最後の締めに身内や友人達と花火をするのもいいですが、盛大な花火で見送ってあげるのもいいですね。

全国では夏場に花火大会をするところは沢山あると思います。
今回はそんな中でも打ち上げ回数が多い場所の花火大会をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

お盆休みに行きたいおススメの花火大会3選!

まずはお勧めスポット、ここだけはぜひ見て欲しい花火大会。
【諏訪湖祭湖上花火大会】
お盆休み 花火大会 おススメ

2016年8月15日(月)に長野県諏訪市で開催される予定の諏訪湖祭湖上花火大会が一番のお勧めです。長野に住んでおられる方はすぐに見に行けてうらやましい限りですが、遠方の方は少しばかりの時間とお金をかけてでも一度は見ておきたい花火大会です。

何といってもその打ち上げ数の多さ。1回の総打ち上げ数は国内でも最多の約4万発!!これは絶対見る価値があると思います。時間も長くなりそうですが、あっという間に終わってしまう花火より見ごたえがあり、その美しさに時間がたつのも忘れてしまうことでしょう。

大きな音が苦手という方もいらっしゃるとは思いますが、あのお腹の底まで響く音は感動さえ覚えます。それが一度限りではなく何度も何度も続けて打ち上げられるので感極まる事間違いなしではないでしょうか。

仲間内で行う打ち上げ花火は、地面に倒れないように花火を立てて、他の花火に引火しないように1つ、1つ打ち上げると思いますが諏訪湖の花火は何と湖上に打ち上げ台を置き、そこから打ち上げられます。

水面から空へ向かい打ち上げられていく花火。何ともロマンチックですね。そしてここも外したくない2箇所目は…
スポンサードリンク


【熊野大花火大会】
お盆休み 花火大会 おススメ

2016年8月17日(水)に行われる予定の三重県の熊野大花火大会。こちらも打ち上げ数は諏訪の花火大会には及ばずも約1万発打ち上げられる予定です。

こちらも見所が沢山あります。まずは船から花火だまを投げ入れ海上で爆発させる花火。船からというのが他にはない見所だと思います。

そして次に直径600メートルに広がる半円形の花火。この美しさは生涯忘れられない思い出になることと思います。

最後にあちこちから飛び出す仕掛け花火。こちらも花火の美しさもさることながら爆音、爆風という大迫力を味わわせてくれます。様々な演出で盛り上げてくれる熊野大花火大会もぜひ抑えておきたい場所の一つですね。

そして最後の紹介は他の花火大会とは一味違う情緒溢れるもよおしです。


【とうろう流しと大花火大会】
お盆休み 花火大会 おススメ

2016年8月16日(火)に行われる予定の福井県のとうろう流し大花火大会

こちらも熊野の花火大会と同じく約1万発打ち上げられる予定です。とうろう流しといえば、死者の魂を弔って灯籠(灯篭)やお盆の供え物を海や川に 流す事です。

あの世へ行っても私たちの事を見守ってくださっているご先祖様や愛する方々への感謝の気持ちを込めながら、また来年もお盆に帰ってきてください。と海や川などに船を浮かべ静かにお祈りする、日本人の最高の心だと思います。

こちらの花火大会は他の花火大会とは少し違うとは思いますが、読経にあわせ流されるとうろうと次々と打ち上げられる色とりどりの花火と調和して、私たちの心をおだやかに、神秘的な世界へ誘ってくれるに違いありません。

まだまだご紹介したい花火大会が沢山あるのですが、ご紹介した花火大会はぜひとも一度は見ておいて欲しい花火ばかりなので、ご参考までにご紹介いたしました。

自分たちが住んでいる町の花火大会もお盆中に開催される場所もあると思います。

今からでも下調べをして見逃さないように行く事をお勧めします。今年のお盆は大切な家族や、友人、または一人でも思い出に残る花火大会で締めくくり秋を迎えるのを楽しんでください。


スポンサードリンク


下にスクロールすると他の関連記事もご覧になれます⇩⇩⇩

ここまで読んで頂きありがとうございました!
最後にTwitterなどでシェアしただけると嬉しいです!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 花火 やっていい場所
  2. クリスマスプレゼント 聞き方
  3. 花火 やっていい場所
  4. イチゴ狩り 関西
  5. 花火大会 打ち上げ数ランキング
  6. お盆休み 新幹線 自由席 トラブル
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。